みちしるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 塾の替え時

<<   作成日時 : 2015/04/17 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小学2年である塾に入って以来、小学4年の現在までの塾のテストの偏差値が40台のまま変わらない、どうしたらよいでしょうか?と相談されました。

良くない成績を取り続けることは自己肯定感を持ちにくくします。
学習から遠ざかることを促すようなものです。
成績は特に初学者にとっては励ましの手段で、学習継続のためのエンジンです。
ですから、成績が良いことが基本で、悪い場合は次にどうすれば良くなるかを助言するチャンスなのです。
その逆で悪い成績を取り続ける状況を改善できないとすれば、むしろ自己肯定感を奪い続けているわけですから、なるべく早くその状況を中止すべきです。

ところが、入院した病院を変えることが難しいように、他塾に変わることもなかなか難しいのです。
できればセカンド・オピニオンをとって決断を後押ししてもらうと良いのです。
もっとも病院を変えず担当医を変えて済む場合もあるので、学校では難しいが、塾の場合ならそれも含めて検討するべきでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
塾の替え時 みちしるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる