みちしるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 職場のいやがらせ

<<   作成日時 : 2015/06/11 10:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 戦うのを止めるためには、「勝とう」と思わないこと。
相手に勝とうと思うことが、人間関係をこじらせる。人間関係をよくするコツは、勝とうと思わないことだ。だからといって、やられっぱなしではいけない。
自分が負けて、つぶされて、退職に追い込まれたりしたらもともこもない。だから、負けない工夫をするのだ!

 あなたを怒鳴りつける上司は、ちょっと乱暴な人ですが、実はたいていの場合は、それほど悪人ではない。
頑固で融通はきかないけど、とても仕事熱心だったりする。
ですから、怒られたら、一応素直に聞きく。まともに聞いていない態度をとると、ますますしつこく激しく怒られる。下手に口答えすると、怒りに火を注ぐことになる。
でも、怒られながら、うつむいて、小さくなって、目に涙なんかためていたらいけない。
それでは負けてしまう。
「私は、あなたに人間性を無視されるほど怒られても当然の人間です」と相手に伝えることになる。
あなたは、次の機会でも、怒鳴りつけられるだけだ。

 きちんと前を向き、しっかりお説教を聞きく。
怒っている理由をきちんと理解していると、相手に分かるようにしなければいけない。
そして、怒られながらでも、口を開く。
「すいませんでした」「以後、気をつけます」
謝りの言葉ですから、相手からも怒られない。
何にしても、口を開くと勇気が湧いてくる。

怒られても、負けない。
ひとしきり怒鳴った後は、相手も冷静になってくる。
そうしたら、こちらの事情もきちんと説明する。あなたも、あなたなりに仕事に熱心に取り組もうとしていると、わかってもらうようにする。
怒鳴り付ける上司は、仕事熱心な人なので、仕事に意欲的に取り組む人のことは好きなのだ。
あなたの能力と意欲を知れば、意外と仲良くなれるかもしれない。

 いやみを言ってくる人は、面と向かってハッキリ文句を言う度胸のない人だ。
言いたいことがあるなら、ハッキリ言ってもらおう。
「それは、私の意見に反対ということですか」
こんなふうに言うと、たいていは、「いやあ、そういうわけじゃあないけど...」などと言ってごまかす。
ただし、相手に恥をかかせるのが、目的ではない。
相手に勝とうとして攻撃しても、人間関係が良くなることは、めったにない。
相手に勝とうとは思わない、でも負けないための努力をする、これが人間関係のコツだ。




スンピル失踪事件-スンピルくんはどこだ?- (字幕版)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スンピル失踪事件-スンピルくんはどこだ?- (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

自分で動ける 部下の育て方 期待マネジメント入門 (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
中竹竜二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自分で動ける 部下の育て方  期待マネジメント入門 (ディスカヴァー携書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

どこでも使える! 朝礼の話のタネ
アニモ出版
本郷陽二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by どこでも使える! 朝礼の話のタネ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
職場のいやがらせ みちしるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる